ラットサインを見つけるのがネズミ駆除のカギ

ネズミ ラットサイン ネズミの侵入経路

ネズミがどこを移動するかを見極めるのが、ネズミ駆除の基本と言えます。

ネズミの音がしたり、ネズミが好みそうな場所を探すのですが、目安になるのが「ラットサイン」と呼ばれるネズミの形跡です。

これが見つかったらシメシメと思ってください。

関連記事
ネズミの侵入経路・侵入口の探し方

ラットサインとは

ネズミというのは毎日同じルートを通る習性があります。
その通り道にネズミの痕跡が残ります。

種類

「ラットサイン」のタイプはいくつかあります。
以下でそれぞれ説明しますので参考にしてみてください。

黒い汚れ

ネズミは汚い動物で、身体に汚れと油を付けています。
目はあまり良くないので、移動は身体をどこかに触れさせて移動することが多く、ネズミに付いていた汚れ侵入口・通り道・壁面に付着します。

ネズミは毎日同じ通り道を通るので、汚れが積み重なって、だんだん黒くなっていきます。

最初のうちは小さな灰色くらいですが、長年、ネズミが通るのを放置していた箇所は巨大で、黒光りして炭のようになります。

ネズミの足跡

上の写真はネズミの足跡も付いています。
白い壁に付着しているのはネズミの足跡です。

見落としがちですが、灰色のわしゃわしゃしてる汚れと思ってください。
汚い小さい足で触るとこんな汚れが付きます。

ネズミの移動ルートがはっきりしますので、足跡は役立ちます。

もし、判明が付かなくて突き止めたい場合、小麦粉やクレンザーなどを茶こしなどで篩って、足跡が付いていたら現在使われているルートだというのを見つける方法もあります。

よくハクビシンで使われる手ですが、ネズミでも応用ができるんじゃないかしら。

ねずみの毛や糞

一目瞭然です。

黒い糞は新しい糞、乾いているのが古い糞。
ここはシステムキッチンの裏。こんなとこ普通は見ないですよね、ネズミがいなきゃ。

長年にわたっての生息が推測されます。
クマネズミは走りながら糞尿をするので、通り道に付いていることも。

この写真は通り道というより長居していたかもしれません。
だって餌のひまわりの種の殻まで落ちているので。

ラットサイン 糞

ネズミが齧った跡

こういうのは怖いです。

もしこれが電気ケーブルだったとしたら・・・・ぞっとしてしまいます。

何しろネズミはげっ歯目、一生歯が伸び続けますので、齧らずにはいられないのです。

ネズミが齧った跡 ラットサイン

ラットサインがよくある場所

ラットサインを見つけるのは、簡単そうで簡単じゃないですけどね。
だって、ネズミは小さい動物、人間の目の届かない場所を好んで通るからです。

人の手が届かない場所ほど怪しい

クマネズミやハツカネズミだったら上の方、ドブネズミだったら下の方を探してみてください。

家の中

天井裏とか天袋とか、そうそう、日本家屋だったら長押(なげし)のチェックは定番です。

長押 ネズミ

家の外

屋根や軒下、2階の空いた窓、雨戸の戸袋も要注意です。
雨どいをつたって屋根に上るケースもあり、よく足跡が付いてたりします。

ラットサイン事例:システムキッチン裏

写真はシステムキッチンの裏の10cmくらいの隙間です。

システムキッチンは隙間ができるので、ネズミに入られやすいのです。
しかも隙間の幅が10cmくらい、これはクマネズミが大好きな幅です。

システムキッチン ネズミ

下水管

下水館の上に足跡がびっちりついていますでしょ。
もあります。ラットサインです。

システムキッチンの隙間ですから、家の中です。
こんなところの上でご飯を作ってたんですから、びっくりです。

システムキッチン裏は以前もチェックしたのですが、この下水の穴は完全な死角で見落とした場所です。
戸の奥を切って、やっとこの場所がわかりました。

 

ラットサイン事例:軒下

勝手口外の軒下、屋根は左上の白い板です。

屋根を支えるためにある鉄骨にラットサインがあります。
ここは壊れた雨どいをつたって、鉄骨を通り道にしていました。

高いところなので、普段人間の目には付きにくい場所です。

毎日、夕方ごろ、ネズミがどこかを通ってる音がしてわかっていたのですが、まさかこんなところとは!

 

ラットサイン事例:押入れ天袋

一見、ただの煤のようですが、これもラットサイン。

天袋も普段は使いませんので、ネズミの格好の住処になります。

壁に付いている灰色の汚れはラットサインのネズミの足跡です。
ここの天袋は、普段は放置状態です。

天井裏を確認できるよう薄いベニヤが乗っているだけなので、そのベニヤの角をネズミが齧って穴をあけられました。

そこから自由に天袋に降りてきていたもようです。

ラットサイン 押入れ

ラットサイン まとめ

ラットサインいろいろを挙げてみました。

ラットサインを見つけるのは、慣れが必要かもしれません。
一度見たところも、もう一度見てみると、何か発見があるかもしれませんよ。

以上、ネズミ駆除の参考になれば幸いです。

 

出典:ねずみ調査

 

タイトルとURLをコピーしました