警戒心の強いクマネズミ対策

警戒心の強いクマネズミ対策 ネズミ対策

住宅に住むイエネズミと呼ばれいているのは、クマネズミ・ドブネズミ・ハツカネズミのは3種類です。

東京都衛生局(現、福祉保健局)が都内のねずみ捕獲調査によると、捕獲されたねずみの種類構成は、このような結果でした。このころはドブネズミが席巻する勢いであったことがわかります。

昭和 30 年 ドブネズミ 58%、クマネズミ 41%
昭和 42 年 ドブネズミ 90%、クマネズミ 10%

ところが現在は、自治体に寄せられるねずみの相談のうち種の同定ができたものの 9 割以上がクマネズミであることや、様々な調査結果等から、現代の日本でのネズミ被害はほぼ98%がクマネズミの被害といわれています。

ネズミに入られてそれが何のネズミか特定できないときは、とりあえず「クマネズミ」を想定して対策を練りましょう。

クマネズミの比率が高くなった背景として、下水道が改善されたこと、住宅の環境が変わりドブネズミが住みにくい住環境になってきていることが挙げられます。

さらに都市ではビルが増え、縦方向の移動が得意なクマネズミには住みやすい条件が揃いました。
もともとクマネズミは樹上生活をしていたネズミですので、ビルに張り巡らされている排水管や配電線などを伝って苦なく移動することができます。高層ビルの最上階でもクマネズミの目撃例が報告されているくらいです。

また、他のドブネズミやハツカネズミに比べて殺鼠剤の抵抗性が強く、殺鼠剤が効かないスーパーラッドと呼ばれているのはクマネズミのことです。

警戒心が強く知能が高いため、いつもと違った状況があると極端に警戒します。このように駆除が難しいので、人間とネズミとの知恵比べが重要になります。

クマネズミは粘着シート罠で捕まえる

粘着シート罠のタイプ

クマネズミは非常に警戒心が強く、殺鼠剤や捕鼠剤にかかりにくいねずみです。
ネズミを初めて駆除しようとする場合「まずは殺鼠剤」と思う方が多いのですが、だいたいのケースでうまくいかない結果に陥り勝ちです。

と申しますのも、殺鼠剤は一定期間ネズミに食べさせないと効果がなかったり、食べてくれなかったりで、殺鼠剤の耐性をつけたスーパーラッドを作るに結果になってしまいます。

したがってクマネズミを捕獲するには、粘着シート罠の使用が一番です。

粘着シートの数が重要

粘着シートでネズミを捕獲するときに、一番大切なのが「粘着シート罠の数」です。

粘着シートでネズミが獲れない、はじめは良いけれど捕まらなくなったと嘆く方は、粘着シート罠の数が少ないことが原因であることが多いようです。はじめは「ちょっとやってみた」的に2~3枚置いてみて、1,2匹捕れたあとさっぱりというパターンです。

クマネズミは知能が高く、仲間のネズミが捕まるのを目撃すればすぐに学習してしまうのです。
したがって、学習される前に一度に捕まえるのがコツです。

粘着シートはできるだけたくさんの数を用意しましょう。
できれば50枚~100枚は欲しいところです。

粘着シートの数があればあるだけ成功します。購入資金はかかりますが、最初に捕まえてしまえばあとで苦労しないので結局はお得です。

それに使い切りというわけではなく、ネズミがかかっていない粘着シートは、また繰り返し使えますので勿体ないというわけではありません。

捕まえるときは一斉にバッと捕まえるのがコツです。

粘着シートは設置を忘れた頃にかかる

ネズミ駆除用「粘着シート式罠」の選び方

クマネズミは警戒心が強いので、普段、見慣れないものがあればかなり警戒します。
慣れてしまうまで最低でも2週間は置きっぱなしにしておきたいものです。

もちろん、放置でき場所でのことですが、天井裏や床下や物陰においたものは、設置したのを忘れたくらいのときに掛かることがあります。

クマネズミは警戒心が強くほぼ決まった通路を使います。いつもと違った状態になると極端に警戒しますが、それが続くと馴れてきます。

一度、捕まえたことのある場所は、必ずまたかけておきましょう。
ネズミが好む動線があって、他個体であっても同じ場所で罠にかかるようです。

2~3年前に設置して回収を忘れていた粘着シート罠にかかったことがあります。
床下に放置していたものなので、かなりホコリっぽい環境でしたが、巨大なクマネズミがかかってびっくりでした。

クマネズミは「いつもと違う」を警戒する

クマネズミは「いつもと違う」を警戒する

臭い・配置・音・物などいつもと違う環境にしないように。

警戒心の強いクマネズミは、行動範囲の中でいつもと違う状態 (家具の位置が変わった、粘着シートや毒エサが置かれている)があると、強く警戒します。

罠や殺鼠剤をしかけるときは「いつもと違う」をなるべく作らないように注意しましょう。

ネズミの嗅覚は鋭く、人間ではわからない臭いも嗅ぎ取ることができます。
罠をしかけるとき、餌を置くとき、殺鼠剤をしかけるとき、どんな場合でもビニール手袋は必須です。

私はマスクもするようにしています。
というか、ネズミがいるところは不潔なので、変なものを吸い込まないように身を守るようにマスクはします。

ネズミではありませんが罠猟をしている猟師さんは、罠をしかけるときはなるべくその場に長居をしないようにすると言います。

そこまでするのかと感心しましたが、ネズミも獣ですので、なるべく手短にささっと作業を終わらせた方が良いのかもしれません。

ネズミ駆除体験談:便利屋さんに頼んでみたら大失敗
知り合い宅でネズミが出た際、慌てふためいて近所にある便利屋さんを頼んだそうです。理由は近所にあったので手軽に頼めたこと。もう一つは値段設定の安さです。 でもこれは大失敗。 結局、安物買いの銭失いの結末になってしまったのです。 ...

警戒心の高いクマネズミ まとめ

クマネズミはかなり手ごわい相手です。

自分では怖くて駆除できない。駆除を試みたけれどどうしても行き詰ってしまってうまくいかない、と、いうのであれば、ねずみ駆除のプロに相談してみましょう。

はじめは数匹だろうと舐めてかかると、そのうち数を増やし、家を破壊するネズミは、なるべく早い段階での駆除をした方が良いですよ。

見積もりは無料のネズミ駆除業者さんに数件問い合わせて選びましょう。

注意したいのは、はじめの見積もり金額の安い業者さん。
上乗せ料金がないか確認しておいた方が良いです。

数多くあるネズミ駆除業者。
ねずみ110番」は初めに提示した金額から追加料金が一切ないという安心な業者なのでおすすめです。

 

ねずみ110番
シェアリングテクノロジーが運営する、ネズミ駆除・ねずみ駆除相談サイト
8,000円から防鼠処理まで対応してくれ、無料現地調査・再発3か月保証・全国対応。
楽天リサーチ調べご利用シェアNo.1

ねずみ110番 無料見積もり

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました