冬の虫刺されは「ダニ」かも?ネズミが媒介するイエダニについて

冬の虫刺されは「ダニ」かも?ネズミが媒介するイエダニについて イエダニ

ネズミの被害は、食品汚染や病原菌をばらまくだけでなく、ダニもまたネズミによる被害の一つです。

知人の話です。
冬で、肌を露出する季節でもないのに、身体のあちこちに蚊のような虫刺されができ、それが猛烈に痒い。
しかも蚊より痒くて1週間してもひかない。

もともとアレルギー体質なので、心配して皮膚科に行って相談したところ、
「おうちでネズミを飼ってませんか?」と、と聞かれてしまったそうです。

その言葉で初めて家にネズミがいることに気が付いたといいます。
ネズミを駆除しない限りはこの痒みが続くと先生に言われ、大層がっかりしていました。

ダニ被害が発端で「家にネズミがいることに気付く」と、いうケースが意外に多いようですよ。

ダニ被害が発端で「家にネズミがいることに気付く」

 

ネズミが媒介するダニとは

住宅の中で被害があるダニの種類は「イエダニ」と「ツメダニ」の2種類だといわれています。

そのうち、ネズミの身体に寄生しているダニは「イエダニ」と呼ばれているダニです。

イエダニの被害は一年中といわれています。
中でもジメジメした梅雨は被害が多いものの、ネズミが家に入り込みやすい冬もまたダニの被害に遭う季節と言えるでしょう。

 

ネズミから人間に移る

ネズミに寄生しているダニは、ネズミが死ぬと寄生先を失って次の宿主を探し、人間を吸血します。

殺鼠剤など、どこでネズミが死ぬかわからない場合、ネズミの死骸が管理できないので、知らず知らず天井裏や壁の中や床下にネズミが死んで、そのためにダニが大発生という自体が生まれたりします。

なので変なところで死なれないために、殺鼠剤を使用するときは必ず、粘着シートと設置することをおすすめします。

糞も発生源となる

さらにクマネズミだと移動しながら糞尿をするので、ネズミの移動ルートが壁の中だとするとそこにもまたダニの発生源が作られていることになります。

これではいくら掃除機をかけても、布団を干しても、発生源が手の届きにくい場所にあるのですから対処のしようがないことになります。

根本解決はネズミ駆除以外ない

残念ながら、ネズミ駆除をしない限り、ダニの被害は続きます。

ネズミは人間が気が付かないようにひっそりと家に住み着いています。

ネズミ算式に増えますので、気が付いたときには大所帯になっていたなんてことにならないように、少数のうちにしっかりと駆除しましょう。

ネズミを駆除するには、罠などを用いて自分で駆除する方法と、ネズミ駆除の業者に依頼する方法があります。

ネズミ駆除体験談:ネズミ駆除業者のプロに頼んでみた
知り合い宅でネズミが出た際、慌てふためいて近所にある便利屋さんを頼んだそうです。理由は近所にあったので手軽に頼めたこと。もう一つは値段設定の安さです。 でもこれは大失敗。 結局、安物買いの銭失いの結末になってしまったのです。 ...

ダニに刺されたときの症状

ダニに刺された(食われた)ことありますか?

猛烈な痒さ

刺された跡は蚊のものと大して変わらないですが、蚊に刺されるよりも痒みがひどく、そうですね10倍は痒いでしょうか。

そう考えると蚊の痒みなんてお子ちゃまです。
1週間~10日くらい猛烈な痒さが続きます。

痒いので掻きむしることがあり、そうするとさらに痒さが長引いたり、掻いたところから黴菌が入り炎症となり、二次的な被害に遭ったりしがちです。

ダニに刺されたときの症状

アレルギー

ダニもまた人によってひどいアレルギー症状を引き起こします。
花粉症と同じように、鼻や気管支や皮膚や目などに症状がでます。

さらに怖いのがアナフィラキシーショックになることがあるということ。

ダニで死ぬほどのアレルギー症状が出ることはほとんどないとされますが、万が一のことがあれば命にかかわりますので、医療機関に相談することをおすすめします。

 

ダニに刺されたときの対処法

それはそれは猛烈な痒みが襲ってくるダニ。
時が来れば自然に治まりますが、できればなんとか楽になりたい。

そんなときは以下の対処法を試してみてくださいね。

ダニに刺されたときの対処法

ステロイド系の外用薬

ダニや蚊の痒みはアレルギー反応なので、抗ヒスタミン薬がよろしいのだとか。

我が家は「ムヒアルファEX」を常備しているので、蚊でもダニでも無刺され系の強い味方です。

炎症を抑えるステロイドとアレルギー反応を抑える抗ヒスタミンが配合しているので、普通のムヒよりはお高いですがこちらの方が有能です。

掻かない

蚊のかきむしり防止のシートでも、絆創膏でも、なにか貼れば掻かずにすみます。
とにかく掻かないことが早く治す道なのはたしか。

冷やす

とにかく痒い痒いダニの刺され跡は、冷やすのも有効です。

その場合、氷だと外した時にかえって痒くなるので、冷たいお絞りくらいがちょうどよろしいかと。
湿布も良いかもしれませんね。いろいろ試してみてください。

病院で診てもらう

ダニに刺されたらもちろん病院で診てもらうのが一番です。
アレルギー反応なので、万が一ひどくなることも考えられますので、皮膚科に行くのが一番です。

かゆみ止めの飲み薬も処方してもらえるかもしれません。

ダニに刺されたらもちろん病院で診てもらうのが一番

 

ダニを撃退する方法

根本解決はネズミの駆除

元を断たないと根本解決になりませんので、第一番先にすべきは何と言ってもネズミ駆除です。

それ以外に、ダニの根本的な解決はありません。

ネズミ駆除ははっきり言ってプロにお任せした方が楽。断然楽です。

自分でDYIでネズミ駆除するのもある程度はできますが、何年もかかるのを思えば、それだって費用がバカにならないのですから、できるだけ早く鼠駆除のプロに任せてネズミを撲滅しましょう。

 

ねずみ110番
シェアリングテクノロジーが運営する、ネズミ駆除・ねずみ駆除相談サイト
8,000円から防鼠処理まで対応してくれ、無料現地調査・再発3か月保証・全国対応。
楽天リサーチ調べご利用シェアNo.1

ねずみ110番 無料見積もり

 

対処療法

以下は、あくまでも対処療法ですので、発生源をなくさない限り続くと思って良いです。

バルサン

煙や霧タイプいろいろあります。
煙タイプは火災報知器に覆いをする必用があります。

バルサンをする前と後で、掃除機をかけたり、パソコンなどの電子機器は覆いをしたり、かなり気を使います。

そもそも1年で4回バルサンを焚かないとイエダニに効果がないといわれているので、ものすごく面倒です。

熱を加える

ダニは50度以上の環境に20~30分おくことでで死滅するといわれています。
それ以上の温度だともっと早く死にます。

つまり布団乾燥機や、布団を夏の車の中に入れる、スチームドライヤーなどが考えられます。

ダニは移動しますので、布団の表裏を熱することと、終わったあと必ず掃除機をかけることを忘れずに。

ダニを撃退する方法 コインランドリー

コインランドリー

おすすめなのは、コインランドリーで布団を洗って乾燥機をかけてしまうこと。
これなら簡単にに熱することができます。

ダニ入り布団でどうしようもなくなった時に、やってみる価値はあるかと思います。ダニを気にすることなく安眠できますよ。

 

出典:
イエダニの虫刺され
東京都ペストコントロール協会