ネズミによってもたらされるアレルギーと対策

ネズミによってもたらされるアレルギーと対策イエダニ

 

ネズミ被害と家の価値

ネズミ被害が大きくなる前に・・・
ネズミ被害が大きくなると、
欠陥住宅・告知義務になるため、資産価値が大きく下がります。
最悪、更地にしないと売れなくなる場合も。

 

そこで、今のうちに

  1. 家がイクラで売れるか?
    *最高でいくら?最低でもいくら?
  2. 近隣の資産価値の推移
    *今後の開発予定の確認・思惑

とりあえず、選択肢を増やしておくといいと思います。

首都圏の中古マンションの平均成約価格が

  • 2003年1月は、1,980万円
  • 2022年3月は、4,158万円

と20年余りで倍以上になっています。
一軒家の場合、築年数は関係ありません
土地の価値がそのまま査定額になるため、想像以上の売却額になることは間違いありません。

実際に売るわけではないので、無料ですし1年に1度確認することで資産管理にもなります。

驚異的なネズミの繁殖力にはご注意を

 

↓↓簡単な質問に答えるだけ↓↓
ネズミ被害 家を売る

ねずみの繁殖期の前がオススメです

イエウール公式サイト

全国対応・内緒で査定できます。

家にネズミがいると様々な被害があります。
その一つにアレルギーがあります。

アレルギー症状があって、皮膚科に行ったところ、
「ネズミ飼ってませんか?」と医師に言われ、初めて家にネズミが住み着いていたことに気づいたという人を知っています。

ネズミが引き起こすアレルギーは、ネズミの糞や尿が引き起こすものもありますが、ネズミの身体に付いているダニがによるものもあります。

今回はネズミが引き起こすアレルギーと対策についてお話したいと思います。

ネズミがもたらすアレルギーとは

  1. ネズミが起因となるもの
  2. ネズミに付いていたダニによるもの

ネズミが引き起こすアレルギーと言っても、直接ネズミが関係しているものと、ネズミの身体に住み着いていたダニが引き起こすものと大きく分けて、2通り考えられます。

ネズミに対してのアレルギー

犬や猫に対してのアレルギーがあるように、ネズミに対してのアレルギーも存在します。
ネズミの尿・糞・毛・フケなどによるアレルギー症状が考えられ、次のような症状が出たりします。

アレルギー性鼻炎(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)、結膜炎(目のかゆみ、涙、充血)、気管支ぜんそく(喘鳴〈ぜんめい〉、呼吸困難)、じんましん、アトピー性皮膚炎が頻度の高い症状です。
糞、尿などによる過敏性肺臓炎(急性あるいは慢性の乾いたせき、運動時の呼吸困難など)を起こすこともあります。

ネズミに対してのアレルギー

鼻炎

風邪を引いていないのに、くしゃみ、鼻水、鼻づまりを起こす鼻の疾患で朝夕に発作的に起こることが特徴です。
ある特定の原因物質(抗原)に対する抗体が体の中で産生された後、再び鼻からその抗原を吸い込んだとき症状が生じます。これらの症状は、鼻の中の粘膜でアレルギー反応が起きることによると言われています。

皮膚炎

皮膚の炎症やかぶれ、湿疹、かぶれ、湿疹、アトピー性皮膚炎など。
しかしアレルギー反応の起しやすさや、原因となる物には個人差があります。
アレルギー性接触皮膚炎はその名の通りアレルゲンに接触して生じる湿疹です。

皮膚炎 ネズミ アレルギー 蕁麻疹

喘息

一般的な喘息と同じように発作性の呼吸困難といった症状がでる病気でです。
小児喘息をそのまま持ち越して成人喘息が発症するケースや、成人になって再発するケースよりも成人になったあとに発症するケースのほうが圧倒的に多いとされています。
喘息は、もちろん免疫システムがアレルゲンに反応して発作などがおこるケースもありますが、慢性の気道炎症であるため、一度発作を起こした 3~8時間後に再発したりします。

ネズミに付いていたダニによるアレルギー

ネズミの身体に付いていたダニによるアレルギーもあります。
ネズミの存在があるならダニについても考えなければなりません。

ネズミの身体に付いているイエダニは、人間にも寄生して血を吸います。

おなかや太ももなどの柔らかい部分が好きで、ダニに刺された跡を見ることができます。

宿主のネズミが死んだ場合や、ネズミの巣内で大発生した場合等に、移動して人も吸血します。
割れ目や暗い場所に潜むことが多く、通常は夜間に吸血します。
季節は5月頃から発生し、6~9月が発生の最盛期となります。

症状

アレルギー症状は、アトピー性皮膚炎、ぜん息症の咳、鼻炎、目のかゆみなどを引き起こします。小児ぜん息やアトピー性皮膚炎の原因のひとつにダニアレルゲン(ダニの死骸やフン)が挙げられています。

アレルギーはアナフィラキシーショックをもたらすこともあります。

医療機関で診察を

アレルギーはアナフィラキシーショックをもたらすこともあります。
アナフィラキシーは、発症後、極めて短い時間のうちに全身にあらわれるアレルギー症状で、場合によっては生命を脅かす危険な状態になることもあります。何らかのアレルギー症状が出ているなら、医療機関で診察してもらいましょう。

ネズミによりもたらされるアレルギー対策

アレルゲンの量を減らすことが治療への第一歩です。

いくら布団を干したり、掃除機をマメにかけたりしても、ダニをもたらすネズミを除去しない限りエンドレスで続くということになります。

つまりネズミがいることでアレルギー症状が出ているならば、直ちになるべく早くネズミを除去しなければなりません。

ネズミによりもたらされるアレルギー対策  アレルゲンの量を減らすことが治療への第一歩です。

このブログでは自分でネズミ駆除する方法と、ネズミ駆除業者にお任せする方法の二つをご紹介していますが、アレルギー疾患が出ている場合は選択肢は一つしかありません。

ただちに、なるべく早くネズミ駆除業者にネズミ駆除をお任せすべきです!

ネズミ駆除業者は、複数業者に見積もりを依頼し、費用や駆除の方法を確認しましょう。

レスポンスの早い業者は信頼できますし、どのくらいの費用かわからない場合は、見積もりがしっかりしていて追加料金の発生しない駆除業者だと安心できます。

早急に対処しなくてはいけない場合もあるでしょう。
365日24日対応のネズミ駆除業者もあります。

 

ネズミがもたらすアレルギー まとめ

ネズミによるアレルギー、そしてネズミに帰省しているダニによるアレルギーのお話をしました。

いずれにしても、ネズミの駆除が根本解決ということがお分かりいただけたかと思います。

アレルギーの解決は、ネズミ駆除だけでななく、イエダニの駆除と清掃や消毒などの対処が重要です。
必ずネズミ駆除業者に任せるようにしましょう。

ネズミ駆除体験談:便利屋さんに頼んでみたら大失敗
知り合い宅でネズミが出た際、慌てふためいて近所にある便利屋さんを頼んだそうです。理由は近所にあったので手軽に頼めたこと。もう一つは値段設定の安さです。 でもこれは大失敗。 結局、安物買いの銭失いの結末になってしまったのです。 ...

 

タイトルとURLをコピーしました