新型コロナウイルスの影響でネズミ天国に

新型コロナウイルスの影響でネズミ天国に 店舗のネズミ対策

新型コロナウイルス感染防止のために緊急事態宣言が出ました。

これまで眠らない街と言われた渋谷や新宿などの繁華街から人が消えました。
人は消えたせいか、ここぞとばかり自由に姿を現しているものがあります。

そう、ネズミです。

4/8のテレビ朝日「モーニングショー」で、行動自粛で人出がなくなった夜の東京・渋谷の路上を多数のネズミが走り回っている映像を報道し、ネット上でも衝撃が走っています。

取材する女性記者が、ネズミが走り回っている渋谷で「人はいないんですけど、ネズミだけが縦横無尽に走り回ってます、すごい数…うわっ、うわっ、やだ怖い」とリポートする様子を伝えていました。

ネット上では「ゾクッとした」「怖い」「この映像は衝撃」「相当ヤバくないか」とのコメントが相次ぎ、7日夜には現地からネズミを見たとの報告ツイートも。

テレビ朝日「モーニングショー」 ネズミ


多くの飲食店が自粛したり時間短縮での営業となるため、餌となるため、このネズミたちはエサの争奪戦になるのではないかと想像してしまいます。

最後の方が言っていますが、ネズミは病気の媒介役になるので、万が一ネズミにもコロナが感染するようになると、ネズミがコロナを巻きちらしてしまい、手の付けようにない状態になるでしょう。

今、多くの店舗が自粛するということは店舗内が無人になり、建物の中がネズミ天国になることが予想されます。
飲食店から出るゴミをあさっていたネズミたちは、食べ物を探すため、厨房や食糧庫に出没して食い散らかすのではないでしょうか。

今後、新型コロナの後遺症としてネズミ問題は問題化してくることが予想されます。

ネズミによる汚染、本当に怖いですよ。
中国ではハンタウイルス感染者が出たというニュースがありました。
ハンタウイルスはネズミが媒介し、コロナより致死率が高いので、これが流行したらもっと大変です。

中国で新たな恐怖「ハンタウイルス」とは
新たなウイルスの恐怖「ハンタウイルス」がまた中国で発生。ハンタウイルスはネズミが媒介する感染病で、致死率はなんと40~50%で怖い病気です。ハンタウイルスとはいったいどういう病気なのか、感染を防ぐにはどうしたら良いか、解説したいと思います。

なかなか苦しいときだと思いますが、今のうちに手を打った方が良いのかもしれません。
店舗のネズミ駆除は、経験豊かなネズミ業者をおすすめします。
複数のネズミ駆除業者に見積もりをしてもらいましょう。

 

ねずみ110番
シェアリングテクノロジーが運営する、ネズミ駆除・ねずみ駆除相談サイト
8,000円から防鼠処理まで対応してくれ、無料現地調査・再発3か月保証・全国対応。
楽天リサーチ調べご利用シェアNo.1

ねずみ110番 無料見積もり

 

 

タイトルとURLをコピーしました